ゲーセンはオワコン?ゲームセンターが消えていく本当の理由

RSS
ニュース
スポンサーリンク

 

中小のゲームセンターが消えていく本当の理由―― 「マットマウス鹿島田・新川崎店」の閉店がもたらす意味

1986年には全国に約2万6000もの店舗があったが、その数は2006年から徐々に下降。2010年に入ってからは全国各地でゲームセンターの閉店が相次ぐようになったその背景には、独自筐体でリリースされる新作タイトルの高額化と有償バージョンアップのほか、ネット接続が前提となったことで発生する毎月の通信費と、1プレイ毎にメーカーが一定額を徴収する従量課金の導入が挙げられる。これによって100円の売上から諸経費を差し引くと、店舗の利益は約50~70円に下がってしまったが、客を誘致するために「2クレジット/100円」、「1クレジット/50円」といった値下げを行う店舗も多く、体力をじわじわと消耗している様子にも見える。

大手チェーン店やメーカー直営店の好調ぶりを「アミューズメント業界に復調の兆し」と報じるメディアもあるが、中小企業や個人が運営するゲームセンターは厳しい状況が長らく続いているのが実情だ。家庭用ゲーム機、PC、スマホでゲームはより身近なものになった反面、ゲームセンターは娯楽の多様化や移り変わる時代によって淘汰されていく。

https://jp.ign.com/arcade/27096/interview/

 

んーやる夫もそういえばゲームセンター行かなくなったお

 

今はスマホの無料ゲーが主流でさらに昔と違って娯楽がいっぱいあるからな

わざわざ金使ってまで行かなくてもっていうのがあるだろう

昔は女の子とかプリクラやら撮ったりもあったけど今はsnowで盛れて撮れるし何度だって撮り直しができるからなあ

個人的には耳が痛くなるゲームセンターが多いから俺も行かなくなったな

 








キングダム ハーツ III 【Amazon.co.jp限定】 オリジナルPS4用テーマ(Amazon) 配信


コメント一覧